このお金はお金がないときに使うもの!

カメラを買いたい。数日前の私の切実な思いでした。あるネットショップで、カメラが安売りされているのを見つけました。発売された当初から欲しいなと思っていたものですが、高いので全く手が出せなかったものです。それが、手が届く範囲まで安くなっていました。

しかし、手が届くとは言っても、お金がないとき用に貯めておいたお金を使えばというくらいの値段です。このお金がないとき用のお金は、本来自分の買いたい物を買うために貯めておいたものではありません。冠婚葬祭による出費、ケガをしての急な出費などそういったことのために貯めておいたものです。決して、私欲のために使っていいものではないのです。しかし、とても安くなっていました。これを逃すともう買えないのではないかと思います。事実、ショップに記載されている在庫数は時間が経つたびに減っていきました。人が悩んでいるのに、嫌なシステムをしたショップです。

やはり今買うべきなのか。そう思うものの、最後の一歩が踏み出せません。こんな機会はめったにないのですから、緊急と言えば緊急です。そういった意味では、お金がないとき用のお金を使っても良いのかもしれません。しかし、買ったことを妻にバレた時、どう説明すればいいのでしょうか。自分のお金で買ったとは言え、使い方が使い方なので、何とも言えない感じで見られてしまいそうな気がします。結局、他人の目を恐れた私は買うことができませんでした。

次の日にはそのカメラは売り切れてしまっていました。やはりとても安いので人気があったのです。他のショップの値段はかなり高くなっています。もったいなかったなと落ち込む私。そんな感じでずっと引きずってしまったので、段々やっぱり欲しくなってしまいました。値段が高くなっても、ほとんどなくなってはしまうのですが、お金がないとき用のお金であれば買えないことはありません。そうして私は再び悩み始めてしまいました。今もまだ、買うかどうかで迷っている自分に情けなさを感じてしまいます…。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ