クレジットカード現金化の際に気を付けること

クレジットカード現金化とは、現金化を行っている業者の指定する商品をクレジットカードのショッピング枠を使って購入し、その代金の一部を現金でキャッシュバックしてもらうというものです。既にクレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまったけれど、今すぐに現金が欲しいという人などが、最終手段として使うものだと言えるかもしれません。クレジットカード現金化は法律やカード会社の利用規約の面からみると、ほとんど黒に近いグレーだという認識で間違いがないようです。しかし、クレジットカード現金化の業者が今でも存在していることを考えると、それなりの需要があって、かつ違法だと言い切ることはできないものなのだということなのでしょう。

業者の手を借りずにカードの現金化を行う方法もあります。自分で最新のゲーム機や新幹線の回数券などを買って、それを中古品を扱っているゲームショップや金券ショップに買い取ってもらうのです。人気のあるものなら高額で買い取りを行ってもらえるため、それほど損をせずに現金を手に入れることができます。ただ、個人でそれを繰り返していると、現金化をしているのではないかとカード会社に疑われてしまい、カードが利用停止処分となってしまうこともあるようです。

そこで現金化専門の業者が必要となってくるようですね。現金化の業者を利用した場合、その業者に言われた商品をカードで購入うすることになります。しかし、その購入先は一般的な名前の普通のお店です。普段から色々なものをカード払いで購入している人なら、それが現金化のための購入だということがカード会社にバレることはないのです。
しかし、この現金化の業者を選ぶときには慎重になる必要があります。というのも、中には悪質な業者もあり、商品を買ってもキャッシュバックが行われなかったり、業者とのやり取りの中で伝えた自分の個人情報を他所へ流されてしまったりといった被害も報告されているからです。業者を利用する時には、信頼できるところを選択しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ