クレジットカード現金化のしくみ

クレジットカード現金化ってよく国道脇の看板なんかに広告が出ていたりしますよね。なんとなく違法っぽい匂いもするのに、そんなに堂々と看板を出していても大丈夫なのかしらと思うことが良くありました。
でも自分には関係のないことだと感じていたので、特に詳しく調べたこともなかったんですよね。ところが最近、仕事の関係でクレジットカード現金化について知識を持つ必要ができて、少しだけ勉強してみました。

クレジットカード現金化というのは、言葉面だけ見るとクレジットカードを売るのか?とも思いがちですが、そうではなくて、カードのショッピング枠を使って現金を手にすること全般をそう呼んでいるようですね。
現金化専門の業者が、何か特殊な技を使って行うものかと考えていたら、普通の人が第三者の手を借りずとも現金化することもできるようです。

というのも、簡単に言えばクレジットカードで買い物をして、それを転売することで現金を手にするという方法だからです。
新幹線の切符だとかゲーム機なんかは、高額で買い取ってもらえるため、現金化によく使われるみたいですね。

現金化の業者を使う場合は、申し込みをした後、業者に指定された商品を買って、その金額の一部を業者からキャッシュバックされるという仕組みになっているようです。
この方法を使えば確かにすぐに現金を手にすることはできそうです。でも法律的にはどうなんだろう?と疑っていたら、法律的にどうこうというより、カード会社の利用規約にひっかかってしまう可能性が高いようですね。

現金化するためにショッピング枠を使ったことがカード会社側にバレると、カードを利用停止にされてしまうこともあるようです。

でも普通のお店の名前でカードを使って買い物をするだけでは、現金化にカードを使ったかどうかなんてわかりませんよね。
よほどしょっちゅう高額なゲーム機だとかブランドバッグだとかを買い続けていない限り、現金化目的なのか普通の買い物なのか、見分けるのは難しそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ