お金がない!と慌てる前に備えを作っておきましょう

お金がないときに限ってお金が必要になることが多いような気がしませんか。お金があまりない生活がしばらく続くとそんな風に思ってしまいます。でもそれは考えれば当たり前のことなんですよね。世の中は何をするにもお金が必要なのでお金がなければ困ることの連続になるのは当然分かりきったことです。だからお金がないときはお金の有り難さを感じるときだと思うようにしています。必要に迫られなければその有難みや意味を意識し難いと言うことではお金は空気と同じかもしれません。どちらもなければ生きていけないほど重要な物なのに普段はそのことを意識せずに生活しています。

「お金は空気ほど重要じゃない、お金がなくても生きていける」と言う人がいるかもしれませんけど本当にそうでしょうか。短期間ならそれも間違いではないでしょう。しかし、半年や一年となるとどうでしょうか。ここでいうお金がないときというのは本当にお金がない、つまり所持金や財産が0円の状態です。それでも食べるだけなら自給自足や野草などでなんとかなるかもしれません。しかし住む所となるとどうでしょう。お金がなければ住む所を失う可能性は大です。

住む家がなければ風雨に晒され暑さ寒さを凌ぐことが出来なくなり健康を保つことが困難になります。身体を壊しても病院で診てもらう事もできません。そうなればその先は悪化の一途、結末は言うまでもありません。お金があったら助かった命、と言うよりお金がないので失われた命と言った方が正しいくらいお金は人間にとって欠かすことの出来ない空気と同じく重要な存在なのです。空気が突然失われることは考えられませんが、お金にはそれがあり得ます。あり得る事態には想定と備えで対処が可能です。お金がないときの備えとは蓄えを作る、つまり貯金することです。幸いお金は腐ることがないのでいくらでも何時までも貯めておくことが出来ます。沢山の蓄えを作る為には日頃からの節約が大事です。お金は空気と違って無尽蔵ではないのですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ