お金がないときは自分の力だけでトラブルを解決させる

手持ちのお金が少なくて生活していくのもやっとになってしまたら、頭を使っていかなければならないです。その基本となる考え方は節約ですがそのためには自分の体を使い、他人を頼らないことがポイントです。

お金がないときの移動手段として最も役立つのは、すでに持っている自転車での移動です。自転車での移動ならお金はかかりませんので、お金がないときの移動手段としてこれほど優れた乗り物は他にありません。乗るのに免許が必要なわけでもないですし、よほど遠い場所でない限りは交通費を節約するために自転車での移動がオススメです。

また、家具や家電製品が壊れてしまったなら、そこですぐに買い替えるという選択肢を選んではいけないです。そうではなくて直す選択をまず選びます。家電製品はかなり精密ですので自分で直すのは難しいのかもしれませんが、無償サポートなどが切れていないかどうかをまず確認です。メーカーや販売店の無償サポートが有効ならお金をかけることなくそれらを直してもらえますので、そういう部分にまず目を向けなければなりません。無駄な出費は抑えなければならないのですから、そのくらいの行動はして然るべきです。

さらに、家具が壊れてしまったらホームセンターなどで材料を調達して自分で直せないかを考えます。家具などの粗大ゴミだとそれを出すだけでお金がかかってしまいますので、簡単に捨てるという選択肢は選べません。まずは安く直すことを最優先に考え、それがダメだったらリサイクルショップへの売却を考えるなどむしろお金に換えられるよう取り計らっていかなければならないです。

お金がないときは世の中の便利なシステムを利用しないことが、その節約につながっていきます。便利な生活に慣れてしまうとそれが使えなくなったときとても不便に感じてしまうかもしれませんが、そのありがたみを感じながら何とか工夫と知恵で乗り切ることが大事で、それができれば生活の支出はだいぶ減らせます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ