お金がなくて困ったことになったら

お金がなくて困った経験をしたことが社会人なら一度くらいはあるのではないでしょうか。この広い世の中には「そんな経験したことない」なんて羨ましい人もいるようですが、それは「未だ」なだけかもしれません。お金がない、といってもいろんな状況やレベルがあります。今日は持ち合わせがあまりないからお昼のカツカレーを普通のカレーにした、というのは極一時的にお金がない状況と言えますし、今月は出費が多くて生活費が足りないので貯金を切り崩さないといけなくなった、といった場合なら一時的に生活に影響があるレベルのお金がない状況ということになるでしょう。これらはしかしまだ毎日の生活がちゃんとできる状態ですが、失業したり病気で働けないなど生活が困窮する深刻な状況までお金のない状況も様々です。

お金がないときというのは経験せずに済むならそれにこしたことはないのですが、ほとんどの人が経験しているように何時その時がくるか解りません。軽いレベルなら我慢程度で済みますが生活に支障が出るレベルでお金に困るようになることがあるかもしれませんから対処の方法を考えておかなければなりません。一時的にお金がないときキャッシングなどで借りることで対処する考えがありますが、借りた物は必ず返さなければならないことを忘れてはいけません。しかも利子が付くので借りた以上の金額を用意しなければなりませんから更にお金に困ることにもなりかねません。キャッシングは他にお金を用意する方法がないときにしっかりと計画を持って行うようにしましょう。借りることを考える前に売る物があればそれを処分することでもお金を用意することが出来ます。タンスや押入れの奥で眠っている古着や古本など要らないと思った物はリサイクルショップや古本業者に買い取ってもらいましょう。

高く売れる物があるかもしれません。生活に必要な物以外売れる物は全部売ってしまうぐらいのつもりで身の回りを探してみましょう。お金を借りるのはそれからです。お金がないときは何時やってくるか分かりません。万一の事態に備えて蓄えを作っておくのが最も賢い方法ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ