どうしても今すぐお金がほしい場合の対処法

今すぐお金がほしいというのは只事ではありません。

近いうちにでもなく、数日中というわけでもなく、今すぐということは数分以内や数時間以内、その日の内にお金がほしいということになると思います。

今すぐということを再優先に置くとなるとかなり手段が限られてくると思いますが、手っ取り早そうな手段から見ていくことにしましょう。

家族や親戚、友人から借りることは第一に上がってくるのではないでしょうか。
今すぐお金がほしい緊急性について説明すれば理解してくれる場合もあるでしょうし、退っ引きならない事情なら相談するまでもなく相手方が提案してくれることもあるでしょうから、そこで解決して後日返済し、利息として多めに返すということをすれば後腐れもなくお互い笑顔になれるはずです。

身寄りがないとか、天涯孤独の場合は所持品を売ることが手っ取り早いでしょう。
時計や貴金属などがあれば一定の金額をすぐに生み出せるはずです。
最近は家にあるものであれば売れるものの幅も拡がりました。
パソコンであったりテレビであったり、家具なども売ることが可能になっていますし、調べてみると自分が思いもよらないものまで買い取ってもらえると驚くかもしれません。

ただ所持品を売るという選択肢最大に問題として、都会に住んでいる人は近所とまではいかなくてもその日の内に行ける場所に質屋であったり買取業者というものがあり、直接持ち込んでその場で換金ということになり、工面ができるとは思うんですが、田舎にお住まいの場合、周囲に山や川、田畑しかなく、買取業者や質屋がその日の内に行ける場所にないという場合です。
電話をしたり、インターネットを利用できれば売ることは可能であってもその日の内にお金に変えるということは厳しくなってしまうので、他の手段を考えなければなりません。

日払いが可能なバイトは現実的ではあります。
女性はお水関係や風俗という選択肢も拡がってくるので、その日限り働いてその日だけお金を貰うということも可能だとは思います。
こちらもネット頼りにはなってしまいますが、日払いとかバイトという単語を使って検索すればいろいろヒットしてくるはずなので自分の環境に合わせて最適な日払いバイトを探し出しましょう。
特に今すぐお金がほしいという切羽詰まった状況では選んでいる場合でもないはずですし、どんどん仕事先に連絡を入れて日払い可能か確かめていけばいいと思います。

それでも駄目な場合は銀行や消費者金融の即日融資です。
とにかく利息がついてしまうので返済が面倒になる上に借金の総額が増えてしまうので最終手段となりますが、他の手段と併用すれば借りる額を抑えることは可能なはずですし、出来るだけ返済総額を減らして借金ができるはずです。

出来るなら即日融資に追い込まれる前に他の手段で解決しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ