サラリーマン副業をする時に注意すべき点

サラリーマン副業をする人が増えているようです。給料だけではお金が足りないとか、子供が成長してきて教育費などがかさんできて少しお金が必要になってきたとか動機はいろいろあるでしょう。しても問題のないサラリーマン副業もありますが、実際には始める時には注意しなければならない点があります。

サラリーマン副業をする時に考えなければならないのは副業をしてもいいのかどうかがまず問題になってきます。たとえば、公務員の場合は副業をしてはいけないということが法的に決まっていますからもちろん副業はできません。しかし、サラリーマン副業をしてはいけないという法律があるわけではありませんが、会社の服務規定によって副業が禁止されている場合が少なくないことも事実です。会社の服務規定で副業が禁止されている場合には基本的には副業をしてはいけません。ここは絶対に抑えておかなければならない事実です。

サラリーマンのサラリーよりもはるかに良い副業というものがあれば、副業が会社にばれたところでその副業を本業とすればいいかもしれませんが、たいていの場合は副業は従来のサラリーにかなわない収入でありますから、その少しの収入の為にサラリーを棒に振るようなことはしてはいけません。服務規定の厳しい会社などでは副業をしていたことが免職や退職に理由になってしまうことは考えられるからです。もし、どうしても副業をしなければお金が困っているという場合で会社の服務規定で副業が禁止されているような場合には上司やお偉いさんに相談してみるのも一つの方法です。それで副業が認められることはまた少ないことではありません。

副業をしていることがばれなければいいという話もありますが、サラリーマンであっても給与所得以外に年間20万円以上の所得があれば確定申告をしなければなりませんから、給与所得の税金から源泉徴収ではなくなるということで会社に副業がばれてしまうことが考えられます。副業として年間に20万円以下のプラスがなければあまりする価値が無いといってもいいのですから。もちろん、サラリーマンであっても確定申告をすることは別に珍しいことではありませんからそのまま会社にはばれないことも考えられますが、稼げる副業でもばれた時のデメリットの可能性を考えれば、メリットの方が多いと言い難い状況になるかもしれません。会社の経理の担当者は経理については詳しいと考えておかなければなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ