深夜労働をしたりするのも一つの対策です

誰であっても、お金がないときがあるかも知れませんが、その感じ方には個人差があるはずです。例えば、残りの預金残高が100万あるとしても、それを僅かしか無いと思う人もいるのです。私なんかは、まだこれだけあるんだと思える方ですけどね。何れにしても、お金は少ないよりは多い方が良い訳で、ある一定のラインを下回らない様なお金の使い方をするべきだと思います。

しかし、理想というのは現実にはならないもので、多くの人達がお金が無いと言って苦しんでいます。こういう時に頼れる人が近くに居れば楽ですけど、大抵はいないですよね。個人的に仲の良い友達であったとしても、いえ、だからこそお金を貸して等とは言えない物なのです。そうなると、やれる事はかなり限られてきます。

まず第一に労働をするという事、そして、極力お金を使わずに生活をするという事です。イザ追い込まれたとなると、案外対処は可能なんですね。働くにしても、午後10時以降の場合が良いでしょう。どうしてかと言うと、この時間帯だと深夜の割増賃金が適用されるからです。日中にしか働いた経験が無いと分からないかと思うのですが、夜中になると得られる金額が2割程度増えるんですね。

お金がないときの別の対策としては、徹底的にお金を使う量を減らすというのがあります。正直言ってお風呂とかに入る必要はありません。人間の体臭というのは、そんなにないんですね。ただ、下着に関しては数日に1回は洗濯済みのものに交換しておくと良いでしょう。街で稀に臭い人がいますけど、大抵の場合は下着に染みついたニオイが原因だったりします。

一番やらない方が良い、お金がないときの対処法は宝くじの購入かと思います。これは今現在お金に余裕のある人が遊びでやるものだと認識しておいてください。そうではない人間がやると、益々手持ちのお金が減っていく事になるでしょう。厳しい時こそ気持ちを強く持って耐える様にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ